社会保険労務士として活躍する

女性が独立して働くことができる資格はいろいろありますが、中でも社会保険労務士は多くの女性が活躍している資格だと言われています。社会保険労務士は、会社が加入する労働保険や社会保険の手続き・書類の作成代行を行ったり、就業規則の見直しや労働問題のアドバイス等のコンサルタント業務を行うのが主な仕事です。労働基準法や厚生年金保険法・健康保険法等の労働・社会保険関係の法律を学んだ専門家として、事業主と顧問契約を締結して毎月顧問料をもらって仕事をするというパターンが多いようです。女性が活躍しやすい理由はいくつか考えられますが、一つは女性ならではの細かい観察やこまかい配慮が活かしやすいことが挙げられます。例えば、就業規則を見直す場合など、事業主の意見だけでなく労働組合や個々の従業員の意見も確認する必要があるケースもあります。そういった場合に相手の懐に入り込み、相手と笑顔を交えて話をしながらその人の思いや考え方をしっかり集めてくる能力は、女性の方が優れているのかもしれません。もちろん、決断力などは経営者として必要になりますが、地道に細かい配慮と作業を積み上げることが有利に働く仕事でしょうから、女性でも活躍しやすいのでしょう。資格試験は簡単ではないかもしれませんが、会社員などをしながら勉強して合格する人も多いようです。長く働くために手に職を付けたい、独立して自分のペースで仕事をしたいと考えている人は、社会保険労務士になることを検討してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です